Les Cahiers Blancsの新しいブログ お知らせ

これまでActiblogを利用してLes Cahiers Blancsを

書いてまいりましたが、「アクセスが遅い」、「表示ができない」

などのトラブルがありました。


これまでの過去のエントリーは移行できませんが今後は

Les Cahiers Blancsにて継続いたします。
http://lescahiersblancs.seesaa.net/


ブックマークいただいている方は変更をお願いいたします。

長い間ありがとうございました。

カテゴリー[ Actiblog ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2009年 08月 14日 16:23:08

世界遺産Mont Saint-Michel モン・サン・ミシェル


世界遺産Mont Saint-Michel モン・サン・ミシェルはブルターニュとノルマンディーの境にある。フランスの区分でいえばノルマンディーなのだが、一般的な行き方はブルターニュのレンヌ経由だ。

これまでにもその経緯は説明してきたが、ブルターニュ(Brittany)地方にあるという記述は翻訳するときに間違ったのだろうか?AFPの記者がわざとブルターニュと書くことはないと思うが・・・

モン・サン・ミッシェルはブルターニュなの?
モン・サン・ミシェル修道院 創立1300周年のイベント情報あり

カテゴリー[ Bretagne ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 11月 13日 09:56:02

アイスマンの死因が特定される


 1991年登山をしていた夫婦が氷の中から姿を現した死体を発見。クレバスに落ちた遭難者だと思われた。

 だが遺体がオーストリア、インスブルック大学の考古学者はその遺体が有史以前のものだと確認した。その結果と、所持品の保存状態のよいことが評判になり、死因は凍死と思われていたが背中に受けた矢による出血多量、さらに頭部を凶器で殴られ死亡したという。

今回の解析により矢が動脈を引き裂いて大量の内出血を引き起こしていたと同大学解剖学研究所(Institute of Anatomy)のFrank Ruehli氏はAFPに語った。「Oetzi」は矢を受けた後、まもなく死んでいることも解析の結果判明している。


研究がさらに進めば、どんな情報がもたらされるのか楽しみだ。

カテゴリー[ World News ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 11月 07日 22:43:48

アイスマンのDNA鑑定


これはとても気になるニュースだ。

イタリアとオーストリア国境付近のアルプス(Alps)山脈氷河で1991年に発見された約5300年前の男性ミイラ「エッツィー(Oetzi)」(通称:アイスマン)が、現代ヨーロッパ人の祖先ではない可能性が出てきた。

「アイスマン」のミトコンドリアDNA解析を行ったところ、現代ヨーロッパ人と同じK1グループに属するものではあったが、K1グループの中の3種の遺伝系統のどれとも共通ではなかった。


そもそもDNAにK1グループがあるということも知らなかった・・・
我々アジアではどんなDNAを持っているのだろうか?

検索してみるとDNAからみた日本人のルーツに説明があった。

日本人の中でも16種類ほどのハプログループがあって、一番多いのはD。

しかも、Dの中でも、D4・D5が4割を占めている。このハプログループは
中央アジアから東アジアに大勢いるグループで、朝鮮半島やチュウゴク北東部
にも3割、4割ほどを占めている。ーーー日本人の中で2番目に多いのは、ハ
プログループBで、4万年前にチュウゴク南部から来たグループ。

お酒に弱い人は、ALDH2という遺伝子の変異型を持っており、極東アジア
にしかこの変異型はいないそうだ。しかも、チュウゴク南部から離れるほど、
お酒に弱い人は少なくなる。だから、日本人でお酒に弱い人は、もしかしたら
チュウゴク南部から来たグループかもしれない。

日本人の中には、N9aというハプログループがいる。東南アジアや漢民族に
多いグループだそうだ。

このグループは、ヒマラヤ山脈を越えて東アジアに来たらしい。ただし、これ
は母親から受け継いだタイプで、父親は全然違うグループに属していても不思
議ではない。


アイスマンについてはまた次回。

カテゴリー[ World News ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 11月 07日 15:40:37

ついに青いバラ発売開始


ついに夢の青いバラが完成。淡い上品な青だ。

世界中で開発競争になっていた青いバラ。

サントリーが来年から発売される予定だという。

はやく実物を見てみたい。

カテゴリー[ World News ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 11月 04日 21:06:52

二酸化炭素をばらまく大統領


大統領が公務で移動するときに用いるのは大統領専用機。

「過去11か月間で7061トンのCO2を排出しており、これは一般の仏市民1000人の年間排出量に相当する」という。

でも、こういう調査結果が公表されることじたい、CO2排出量を意識している結果ではないだろうか。


それに、「グリーン革命」と位置付られるという「温室効果ガスの大幅な削減に向けた措置をまとめた法案」の内容も気になる。

カテゴリー[ France ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 10月 31日 17:35:26

ブードゥー人形、発売禁止


同封されている12本のピンをサルコジ大統領の似顔絵付きの人型に指していく。

ここまでくればちょっとやりすぎ。

風刺漫画くらいで目くじらをたてるのはおとなげないが、呪いをかけられたのでは

命がいくつあっても足りない。


発売禁止となっても、こっそり買おうとする人たちもいるかもしれない。

はたして止められるだろうか?

毎日、メディアに登場の大統領。もっとうれしい話題だと本人もうれしいだろうが・・・

カテゴリー[ France ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 10月 24日 20:48:10

サルコジ大統領、仏諜報機関の元局長を告訴


「プライバシー侵害などの罪で訴えた」というから、仏中央総合情報局(RG)の元局長、イブ・ベルトラン(Yves Bertrand)氏が原稿を書いたのかと思ったらそうではない。

内相時代のサルコジ氏の失脚を狙ったとされる疑惑に対する捜査で押収された内容が「ルポワン」誌に漏えいしたらしい。

個人の日記なのでその内容については噂にすぎないものも含まれているかもしれないが、雑誌に掲載されてしまったからには、名指しされた相手もだまってはいられないだろう。

カテゴリー[ France ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 10月 24日 10:10:46

サルコジ仏大統領の預金、盗まれる


Le compte bancaire du president Sarkozy a ete pirate

「ニコラ・サルコジ大統領の銀行口座がハッキングされた」のだそうです。

被害額はpetites sommes 少額としか発表されていませんが

あきらかに大統領をターゲットとして、ねらったのでしょう。

犯人が逮捕されていないというのが不気味です。

カテゴリー[ France ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 10月 24日 09:48:31

日本の伝統美、セーヌ川を彩る


イルミネーションひとつで風景が異なって見えるから不思議。

ヨーロッパは光の使い方がうまい。

東京タワー、姫路城など日本を代表する照明デザイナー

石井幹子さんの演出。生で見て見たかった。

カテゴリー[ France ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2008年 09月 26日 12:45:42

1   |   2   |   3   |   4   |   5      »      [10]
プロフィール
うるわしのブルターニュ
「Les Cahiers Blancs」ではAFP BB Newsの記事の中から、フランス、ブルターニュ関連の情報を見つけたときにまとめて書いています。更新はたまにしかできていませんが、おもしろいニュースを見つけるとうれしくなります。

この白黒の旗は1923年にMorvan Marchalがデザインしたブルターニュの旗、Gwenn ha duです。
検索