第二十八回 D.O

画像

第二十八回

最近アルバムを発表した

雷家族の一員でもあり

練マザファッカーのリーダーでもある

D.O


日本語ラップ黎明期よりMICを握り

アンダーグラウンドで名前を売り

バラエティー番組『リンカーン』に出演し

「メーン」などの独特のしゃべり方が話題となり

メディアに広く露出した


そして待望の2NDアルバムを大々的に発売しようとした矢先に

逮捕された


当時のD.Oの勢いは凄かった

もし逮捕されずに2NDアルバムを発表していたらどうなっていたか…


しかし

今回『ネリル&JO』という

素晴らしい作品を作り上げた事によって

私にとっては全てが肯定された

2NDが発売中止になった事も

逮捕されたことも…


復活第一弾シングルの『I'm Back』や

24 HOUR KARATE SCHOOL JAPANの『24 BARS TO KILL REMIX feat. DJ TY-KOH (ZEEBRA、D.O.、SIMON、SHINGO☆西成) 』で

復活後のD.Oの好調さは感じていたが

『ネリル&JO』はD.O本来の持ち味

デンジャラス&ユーモラスがいかんなく発揮された作品だ

リリックの内容は

逮捕された事によって生まれたものが多い

しかし

逮捕というマイナスを(HIPHOP的には必ずしもマイナスではないが)

ここまでプラスに変えた作品は今までの日本語ラップ界になかったのでは?

そう思えるほどの内容だ


個人的にこのアルバムを聞いて思った事は

やはりD.Oはアンダーグラウンドなアーティストで

レーベル意見や世間の目を気にした作品でなく

もっと自由に

もっとリアルに

もっとデンジャラスに

活躍して欲しいアーティストだという事だ


テレビやラジオというツールは失ったかもしれないが

私はこれからのD.Oの活躍が楽しみでならない

カテゴリー[ ミドルスクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2011年 02月 24日 14:37:36

第二十七回 C.C.D SAMPLER vol.02

画像

第二十七回目

今回も個人アーティストではなくて

コンピレーション。


大阪の新世代からベテランまでを網羅したC.C.D SAMPLER vol.02


現在大阪アメリカ村club AZUREで毎月第3金曜日に開催されているHIPHOPイベント「CONCORD」のアーティストを中心としたコンピレーションだ。

参加アーティストは「CONCORD」のレギュラーMC
「BYG daddy」
常に新しいものを取り入れ自分のスタイルを確立し、ハイスキルなラップとクオリティーの高いLIVEで関係者の評価も高いMC。

「RHYMING DEAD」
10月13日に自身のアルバムを発表した、ロック、メタル、ハウス…様々な要素を取り入れた独自のトラックや、オリジナルな日本語を使う個性派MC。

「阿修羅MIC」
現在は全国ニュースをにぎわした「あの事件」による逮捕で活動休止中の神戸、大阪のギャングスタ。誰にも出来ない「生き方」から生まれるパンチラインは唯一無二。

「AKANE&DON-KEY」
9月に初のストリートEPを発表した、現在大阪で最もいきのいい若手といっても過言ではない2MC。

「TORNADO」
日本最大級のストリートフェスティバル「FREESTYLE OUTRO」に2年連続参戦。アウトローな攻撃性とサウスノリのBEATを乗りこなすスキルを持った関西ニュージェネレーション最注目集団。

「BYRD」
数々のイベントでホストMCをこなし、日本人離れしたフロウを巧みに操るMC。


このメンツに加え
「SAL THE SOUL 」
大阪のベテラン。知性とエロさを備え持ついぶし銀なMC。生バンドHIPHOPグループ「improve」のメンバーとしても活動中。

「SUPER-B」
日本語ラップにおける「言葉の力」を再確認させてくれる大阪アンダーグラウンドのリリシスト。

「MONCHI」
全国でも唯一無二の個性を放つ集団「ABNORMAL BULUM@」。その中でもひと際異彩を放つMC。

「Amp-refive」
個々に活動していた「SEAMAN」「pLRayer」「Cosaqu」が集い結成された、個性をぶつけ合いながら不思議な一体感を出す3MC。

「YOUNG YAZZY」
奈良からの参戦。「え?これ本当に日本人がラップしてるの?」と誰もが思うバイリンガルフロウを操るMC。

「BOIL RHYME」
韻踏合組合主催のフリースタイルバトル「ENTER」でも何度も優勝を果たしフリースタイル巧者としても有名なCIMAと同世代でも群を抜くハイスキルで通を唸らすTRASHの2MC。

「TRACTION」
参加アーティストの中で最年少だが、他のアーティストに全く劣らないクオリティーをみせつつ、独自のユーモアを持ち合わせる2MC。


という新旧交えた注目の13組のMCが参加している

プロデューサーも
CONCORDの仕掛け人「d.b beats aka DJ B=BALL」

ABNORMAL BULUM@から「MASS CUT ヘルツェゴビナ」

生バンドHIPHOPグループ「韻シスト」のギタリストでもある「K-CITY PRINCE」

BYG daddyのトラックメーカー「Chang Kowloon」

日本人離れしたサウスなビートを操る「T'z Beatz」

ラップだけでなくトラックでもハイセンスを感じさせる「Young Yazzy」

様々なジャンルを融合させたトラックを制作する「m2kz aka RHYMING DEAD」


といった個性豊かなメンツが揃っている


このコンピレーションアルバム

全国規模でいうと超有名アーティストが参加しているわけでもない

しかしクオリティーの高さはメジャーなアーティストの作品と比べても決して劣っていない

それとこのコンピレーションの特徴は

ベテランからニュージェネレーションまで

ギャングスタからコミカルまで

様々なアーティストが参加しているが

1つのアルバムとして統一感がある。

寄せ集めのコンピレーションではなく

作りこまれた構成のアルバムだ。


このアルバムを聞いて思うことは

今の時代

メジャー、インディー

有名、無名

そういうものは関係なく素晴らしい音楽を制作しているアーティストは日本各地にいるという事


そう

テレビやラジオで流れているものを享受するだけではなく

色々な現場で街の声を聞いて

素晴らしい音楽を自分で探す姿勢を持てば

きっと人生を通して大事に出来るアーティストや音源に出会えるだろう。


C.C.D SAMPLER vol.02

カテゴリー[ ニュースクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 10月 13日 19:38:41

第二十六回 BONSAI RECORD

画像

第二十六回

今回はアーティストではなくレーベル

大阪アンダーグラウンドで間違いないプロップスを持つ

BONSAI RECORD


所属アーティストは

仕掛け人のDJ A.Kを筆頭に

なにわ裏庭のスーパースターBAKA de GUESS ?
元INSIDE WORKERS、誰よりも強いメッセージを放つSUPER-B
昨年激ヤバな1st ALBUM「MADE IN DOPE」をリリースしたBOMGROW
大阪BEEFでSTREETを賑わした注目のニュージェネレーションROAR

少数精鋭実力派なメンツだ


このメンツが中心となり2010 7/7にコンピレーションアルバムが発売された

その名もOSAKA HIPHOP SOUND MAGAZINE『LUCKY BREAK vol.3』

これを聞けば大阪のコアなHIPHOPが全てわかる

と言っても過言ではないほどのメンツだ


上に書いたBONSAI RECORDの所属アーティストはもちろん

超ハイレベルなスキルはもちろん、一言一句聞き逃せない言葉選びで全国のヘッズをロックする大阪の天才ラッパー茂千代

大阪レジェンド、数々の大阪クラシックを生み出した浪速裏庭の遊言導士WORD SWINGAZからRYWとMISTA O.K.I



大阪のHIPHOPシーンを黎明期より支えてきた

誰よりも濃い大阪フレイバーを持つMC達が集っている


そしてそこに絡んでくるDJ A.Kのトラックが絶妙だ

間違いないサンプリング、ビートセンスで

聞くと耳から離れなくなる中毒性の高いループを作り出している


このコンピレーションを聞けば

他の土地にはない

大阪ならではのHIPHOP

大阪ならではのノリが体感出来る


大阪のHIPHOPに興味があるなら

これを聞けば間違いない

という作品だ


大阪に根を張り

良質な大阪フレイバーHIPHOPを作り出すBONSAI RECORD

今後の動きも注目だ。


LUCKY BREAK vol.3

カテゴリー[ オールドスクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 08月 11日 14:36:50

第二十五回 根

画像

第二十五回は

大阪にてアンダーグラウンドでコア活動を続ける

「根」 CREW 


メンバーは

STUDJ / DR.BEN / YONA a.k.a 顔面マイケル / 菜木直規 /YAMA-C a.k.a Teppen DANGAR / 数馬 / マックスマラ(仮) / M THE HUTT   

の8人

本人達曰く

全員そろった事はないらしい


最近はメディアへの露出等があまりなく

マニアックなポジションにいるが

実力は折り紙つきの

知る人ぞ知るクルーだ


音源を聞いてもらえればわかるが

ラップのスキル、リリック、トラック、音質、ジャケット…

全てにおいて高いクオリティーを持っている


一聴すると意味の分からない言葉の羅列のように聞こえるリリックだが

じっくり聞くとそこには様々なメッセージが含まれている

そして独自の視点と日本語に対する遊び心がある

彼らの曲からは意表をつくタイミングで思いもしないパンチラインが出てくる


トラックも中毒性が高いループで

何度聞いても飽きさせない


STUDJの圧倒的なスキルに

YONA a.k.a 顔面マイケルの爆発力

DR.BENの渋みの効いた味に

菜木直規のとんでもない破壊力


全く違う個性でありつつ

高いスキルを持つ4人のMCに

ひえじまライジングサンのクセになるトラックが融合し

彼らにしか出しえないグルーヴを生み出している


曲にはフックのないものも多く

普段HIPHOPを聞かずに

J-POPを聞き慣れているリスナーには難しい音楽かもしれない


だが確かな技術と高い音楽性、彼らにしか書けない歌詞がそこにはある

HIPHOP通なヘッズなら必ず反応するハズだ


彼らのような真の実力派がこの日本で

もっと評価される

そんな時代の到来が待ち遠しい


根 ホームページ

NEJIKOMI 06'

カテゴリー[ ニュースクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 07月 05日 16:42:16

第二十四回 SURRY from 紀乃國

画像

第二十四回目

今回は和歌山の御坊を根城に

関西全域に活動範囲を広げている

紀乃國の代表

SURRY


「音楽活動をするなら都会で」

という観念にとらわれず

決して都会ではない

むしろ田舎の御坊という街を出ずに

地元にHIPHOPの文化を根付かせるMC


フリースタイルにも定評があり

2006年 開催された、UMBでは初出場ながら大阪予選 BEST4

2007年UMBでは和歌山予選にて優勝という

現場叩き上げの実力派だ


だが彼の魅力は決してフリースタイルだけではない


圧倒的なライブパフォーマンスや

ストーリーテリングをしながら

しっかりと押韻出来る作詞能力


つまりMCとしての全ての要素をハイレベルで体現出来ている


リリックの内容も絵空事ではなく

自分で見て自分で感じた事を自分の言葉で書いている

これは簡単なようで難しい

実際、シーンではスタイルに惑わされ、周りに流されて

自分を見失ってしまってるMCが多い


だが、彼は惑わされずに自分を持ち

自分を貫いている

だから聞く者の心に刺さるリリックが書けるのだろう


今、日本にはメディアの光が当たっていない優れたMCが多数いる

全国的には無名でも

信念を持って媚びずに

虎視眈々と上を狙っている

そんなMC達の中にも間違いなく本物は存在する


紀乃國 SURRYはそんなMCだ

だが

その名前が全国的に知れ渡るのも

そう遠くないだろう


SURRY OFFICIAL BLOG

1st EP 「this is my“ep”」

カテゴリー[ ニュースクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 06月 17日 14:13:31

第二十三回 SUPER-B

画像

第二十三回目

今回は大阪アンダーグラウンドの重鎮

SUPER-B


元INSIDE WORKERS

大阪生まれ。韓国籍を持つILLBONのRAPPER。

島国の魂と大陸の血を兼ね備え持つ彼にしか表現できない世界を構築している。


SUPER-Bの最大の魅力はやはり

リリックのパワーだろう


誰よりもストレートに書かれたリリックが

誰よりもスムーズに耳に入ってくる


聞き手を全く飽きさせない展開

ストーリーテリングは圧巻だ


それは余念のない

リリックの構成

フローの研究の上に成り立っている


だがそれ以上にリスナーの心をゆさぶるのは

SUPER-BのMC、いや人間としてのパワー、魅力だろう


一言一言の重み、喜怒哀楽が他のMC達とは全く違う


色々なものを見て

様々な事を経験したからこそたどり着ける場所だと思う


現在群雄割拠な大阪のHIPHOPシーン

次に全国に飛び出すのは彼だと

私は思う


一度でも彼の音源を聞いたり

LIVEを見たりすれば

私の言っている事が間違いでないとわかるだろう


SUPER-B BLOG

SUPER-B SUPER STREET ''EP'' 『Rat ta ta ta』

カテゴリー[ ミドルスクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 05月 25日 13:33:57

第二十二回 GAKU-MC

画像

第二十二回目

今回紹介するのはEAST ENDのGAKU-MC


EAST ENDと言えば「DA.YO.NE」や「MAICCA〜まいっか」等で

セルアウトなグループというイメージを持つ人間も少なくないだろう


だが彼らは日本のHIPHOP黎明期からアンダーグラウンドで活動し

何もない所からシーンを作ってきた功労者だ


一つおもしろいエピソードがあるので紹介させてもらう

「浜松町ワルシャワで開催されたイベント「PEACE BALL」の第一回で初ライブ決行。
共演者&楽屋にいたメンツはDJ honda、DJ KRUSH、MURO、BOY-KEN、DJ YASなど。
「お客は二人。客席より楽屋の人数の方が圧倒的に多い」(GAKU)伝説のイベントとなる。」

そう、彼らはそんな時代から

こういったメンツ達としのぎを削り合いながら生き残ってきた


そして「DA.YO.NE」の大ヒットにより

日本のHIPHOP史上初めてミリオンヒット、紅白出場を果たす

色々否定的な意見もあるだろうが

この日本においてお茶の間にHIPHOPを認知させた

その功績は大きい


GAKU-MCはそのEAST ENDの活動休止後

ソロ活動を展開し

素晴らしい作品を世に残している


彼のラップは誰にでもわかりやすく

HIPHOPを普段聞かない人間でも楽しめるラップだ


リリックのテーマも

都会で一人暮らしする若者、サラリーマン等

一般的な人の目線で書かれているものが多く

誰しもが共感できるような内容だ


それでいて通を唸らすようなポイントも突いてくる


その両立は

20年以上のキャリアを積み重ねて

なおかつ生存競争の激しいメジャーシーンで生き残った

彼だからこそなせる業だろう


現在は再指導したEAST ENDのMCとして活動中のGAKU-MC

現在巷に溢れる

「ヒップホップ」を知らない人間が作る「ヒップポップ」ではなく

しっかりと「ヒップホップ」しつつ

普段ヒップホップを聞かない人達にもアプローチを続ける

そんなGAKU-MCのラップは

若い世代の日本語ラップリスナーにも

もっと評価されてもいいはずだ。


GAKU-MC オフィシャルサイト

カテゴリー[ オールドスクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 04月 22日 12:20:44

第二十一回 LEED ROCK

画像

第二十一回目


今回紹介するのは

レペゼン大阪のニュージェネレーション

3月にミニアルバムを発売した

LEED ROCK


彼の武器は

洋楽を彷彿とさせる流れるようなフロウ

だけど聞き取りやすくわかりやすい歌詞

そして

最近のメインストリーム系のラップでは薄れがちな

しっかりと「韻を踏む」

というスタイル


ビートに乗せてしっかりとフロウ、ストーリーテリングしながらも

確実に「踏んで欲しい」というタイミングで「韻」を踏んでくる


彼のリリックの内容は

決してUS志向なサグなものでも

現実離れした夢物語ではない

あくまで等身大な

この日本の大阪という街に住む

LEED ROCKという男の目線で書かれている


MCの中には

本当に映画の様な劇的な人生

娑婆と刑務所を往復するような

ギャングスタな人生を生きている人間もいる


確かにそういうMCのリリックには

普通に生活してい人間には想像も出来ない

そんな体験や世界が描かれている

それがHIPHOPの魅力でもある


だが、全てのMCがそんな生活をしているわけでもないし

全てのリスナーがそういったラップばかりを求めているわけではない


LEED ROCKは「ラップ」をしっかりと音楽として捉え

「フロウ」、「ライム」、「メッセージ」

そういったものを鍛え上げたMCだ


彼の作品はHIPHOPを普段聞かない人間に対しても

「音楽」として勝負出来る作品だ


音楽性、クオリティー、聞きやすさ、メッセージ…

そしてなにより「HIPHOP」であるという事

LEED ROCKは

そんな現在進行系のMCに必要な「条件」を兼ね備えたアーティストと言えるだろう


LEED ROCK-DON'T SWEAT THE TECH-

カテゴリー[ ニュースクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 04月 06日 12:52:33

第二十回 K DUB SHINE

画像

記念すべき第二十回


今回紹介するのは

日本語ラップ界伝説のグループ

キングギドラのMCでもあり

多数のソロ作品も発表している

K DUB SHINE

日本語ラップ界のレジェンドであり

現在も第一線で活躍している


K DUB SHINEのスタイルは

決して新しいものではない

2010現在も

90年代からの変わらないスタイルを貫いている


だが

人気は衰えておらず

レジェンドとして存在感を示し続けている


K DUB SHINEの魅力はやはり

リリックの内容だろう

軽くBGM程度な感覚で聞こうとしても

知らずのうちに彼のリリックの世界に引き込まれる


巧みなストーリー展開

リスナーの耳を釘付けにするパンチライン

曲の主題に対する着眼点


他のMC達とは一線を画す

独自の路線、独自のスタイルと確立している


リリカル的な渋谷のドンを自認する(妄走族に「お前渋谷のドンじゃないだろ?」と言われて「俺は暴力的な意味じゃなくてリリカル的なドン」と答えた)K DUB SHINE

意味のないヒット狙いのラブソング、応援歌的なリリックが蔓延する現在において

賛否両論はあるが

彼のような自分のスタイルを確立し

社会的なメッセージを込めたリリックの音楽が

もっと評価されるべきと考えるのは私だけではないだろう


アトミックボム・プロダクションズ

K DUB SHINE on MySpace

カテゴリー[ オールドスクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 03月 17日 13:34:21

第十九回 OZROSAURUS

画像

第十九回目

今回紹介するのはハマの大怪獣

オジロザウルス


オジロザウルスは

96年に結成

圧倒的なスキルと

「東京」ではなく「横浜」という土地

つまり地元を強くレペゼンしたスタイルで

日本語ラップヘッズから絶大なる支持を得ている


事実、彼らの1stアルバム『ROLLIN'045』は

8万枚を超える売り上げを記録している



彼は90年代中盤から活動しながら

現在進行形のスキルとプロップスを持つ数少ないMCだ


近年の日本語ラップシーンの進化には目を見張るものがある

かつて最先端を走っていたMCも

気づけば過去の存在になってしまっている


だがオジロザウルス

MC MACCHOは

レジェンドでありながら現在進行形な存在だ


彼のラップスキル、ライブパフォーマンス、そして地元を愛する「045 STYLE」は

現場のMC、日本語ラップヘッズから最大限のリスペクトを得ている


日本中のHIPHOPのビッグフェス(特に西海岸系)には

必ずと言っていいほど彼の名前がある


そして2009には

本場アメリカのHIPHOPレジェンド、グランドマスター・フラッシュの20年ぶりの新作『The Bridge: Concept Of A Culture』に客演で参加もしている


レジェンドでありつつ現在進行形

そして世界基準のHIPHOPをこの日本において体現しているOZROSAURUS

メジャー資本にも縛られず自分のスタイルを貫く彼は
(所属していたレーベルと歌詞の表記を巡って対立し、現在はインディーズに活動の場を移している)

この日本において「本物」のHIPHOPを体現し続ける

「本物」のMCだ


OZROSAURUS Official Web Site

カテゴリー[ ミドルスクール ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2010年 02月 17日 20:22:00

1   |   2   |   3      »