肥満=病気=欧米は病人だらけ?


 ドイツから日本に一時帰国した際、あらためて気がつかされたのは“日本人は小さい”ということ。身長はもちろん、横幅も狭い。つまり細い。私は日本人女性としては背が高いほうで、細身でもない。が、ドイツでは“小柄”扱いされるのもうなずけるほど、周りのドイツ人は大きい人たちが多い(もちろん背が低い人もいれば、細い人もいることはいる)。
 肥満度をあらわす指数としてBody Mass Index(BMI)というものがある。体重(g)を身長(cm)の2乗で割り、10をかけたもの。標準とされる値は22.0で、18.5未満が「低体重」、16.5~25未満が「標準」、25~30未満が「肥満」、30以上が「高度肥満」と分けられる。


*欧米人の肥満度

 欧米人ときくと、“大きい”というイメージがあるが、実際のところ、日本人などのアジア人と比べて、どれくらい肥満度が高いのだろう。
 EU各国+デンマーク+ノルウェー+スイスのヨーロッパと、アメリカ、日本人の肥満度について調べてみた。2005年の統計で、15歳以上の男女のうちBMIが30以上、つまり高度肥満に分類される人の人口に占める割合で比べてみる。

 男性:1位 アメリカ(36.5%)/2位 ギリシャ(27.7%)/3位 イギリス(21.6%)/4位 オーストリア(21.3%)/5位 ドイツ(20.9%)

 女性:1位 アメリカ(41.8%)/2位 スロヴェニア(25.2%)/3位 ギリシャ(24.5%)/4位 イギリス(24.2%)/5位 スロヴァキア(22.8%)

 男女共にアメリカがダントツで肥満度が高い。ギリシャとイギリスは男女ともにワースト5位に入っており、ヨーロッパ内で肥満度が最も高いということになる。イギリスのランクインが意外だったのと同じように、フランスについても意外な結果だった。今回調べた27か国中、最も肥満度が低かったのは、男女共に予想どおり日本だった。男性が1.8%、女性が1.5%。その次に肥満度が低かったのがフランスなのだ。男性が7.8%、女性が6.6%で、いずれも欧米の中で一番肥満度が低い。美食の国は、己の美に対する意識も高いということか。が、そんなフランスでも、「太りすぎ」または「肥満」の人が年々増えていると記事にある。ということは高度肥満ではないのものの、標準より太っている人が多いということかもしれない。

 というわけで、今度は「肥満」と分類されるBMI25以上の人について、同じように比べてみた。

 男性:1位 ギリシャ(75.7%)/2位 アメリカ(75.6%)/3位 イギリス(65.7%)/4位 ドイツ(65.1%)/5位 フィンランド(64.9%)

 女性:1位 アメリカ(72.6%)/2位 スロヴェニア(63.5%)/3位 イギリス(61.9%)/4位 ギリシャ(61.3%)/5位 スロヴァキア、キプロス(60.6%)

 ワースト5にランクインしている国の顔ぶれはあまり変わらない。(それにしてもギリシャとアメリカの7割超えはすごい。)ここでも最も肥満度が低いのは男女ともに日本で、男性が27%、女性が18.1%。フランスはというと、男性はこれまた日本に次ぐ肥満度の低さ。とはいえ、その値は45.6%。女性になるとエストニアが33.8%で次点につけており、フランスはその次で34.7%だった。今回調べた欧米各国の中では、この2カ国が一番低い数値だったにもかかわらず、人口の3分の1以上が肥満に分類されてしまうという事実。吃驚。
 ちなみに肥満に分類される人の割合が50%をきっている、つまり人口の半分以下なのは、男性の場合はラトヴィア(49.9%)、オランダ(48%)、フランス(45.6%)のみ。半分以下といっても、ほぼ半分といえそうな勢いだが・・・。女性の場合は男性よりはその割合は少ないものの、ほとんどが35%以上の数値となっている。


*個人的所感

 私のBMIは21。つまり「標準」となるが、日本に帰って周りの人の体型と比べると、どうしても太り気味と感じてしまう。BMI25以上の女性が55.1%というドイツにいる限りは、そうした危機感はあまり感じない。が、それをよしとすべきかどうかはまた別の話だ。
 日本人に限らず、女性の場合はBMIの値が標準値内であっても「痩せなくちゃ」と強迫観念に近いものを抱いている人が多いと聞く。それくらい“痩せている”ことに重きをおいている、言い換えれば“痩せている”=“美しい”という観念にしばられているということだろう。とはいえ、痩せすぎるのも問題だ。先ごろ、スペインのファッションショーで痩せすぎのモデルの出演が認められないということが話題になった。その際、最低基準とされたBMIは15だそうだ。太りすぎは病気といわれるが、痩せすぎても病気の危険性は同じように高くなる。なにごとも“腹八分目”、つまりほどほどがいい。


※数字は「World Health Organization」のHP内・Global Infobase Onlineのものを参考にしました

コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2006年 09月 23日 23:59:40

Trackback

この記事に対するトラックバックURL:

カレンダー
< 2006年 09月 >





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
成田美友
(女)
ambrosia
ドイツにある観光公社「Historic Highlights of Germany」でのフリー編集者生活を終え、ドイツから帰国。現在はフリージャーナリストとして活動中
*主な経歴:出版社で旅行ガイドブック、街情報誌の編集、サイト運営会社で食に関するウェブサイトの編集と編集者人生10年目
*ひとこと:土地の歴史や文化に深く根ざしたヨーロッパの食文化に魅かれ、学ぶ日々。米・Society of Wine Educators認定Wine Specialist/日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
最近のトラックバック
検索